HOME>トピックス>投資に興味はあっても何から始めたらいいのか分からない場合

目次

投資の相談を行う

定年退職後の収入に関して不安を抱く人は多いです。収入が途絶えてしまうと貯金を切り崩して生活をするしかありません。年金も少額なので年金だけでは生活ができない状態になっています。そこで若いうちから投資を考えておく、ということが必要になります。中には投資用マンションを購入する人もいますが、漠然と考えていても実際に何が必要なのか分からないことも多いので、専門家に相談をするよいでしょう。

どんな物件があるのか

投資用マンションを購入して、購入時の金額よりも価値が上がってきたら売却をするという方法で投資も可能ですが、所有をしていて賃貸物件として貸し出す方法もあります。色々な投資物件があるので、チェックをするとよいでしょう。

賃貸を行う場合

投資用マンションとして一部屋購入し、その物件を賃貸として貸し出すという方法で資産運用をしている人は多いです。分譲でしか住むことができない物件でも賃貸で住んでみたいという人もいるので、需要も高いと言えるでしょう。

費用を考える

投資をしたいと考えていた場合には初期費用がかかってしまう、という問題が発生をします。投資用マンションも高額だと考えてしまいますが、今は少額からでも投資ができる方法もあります。オーナーが複数いれば1人あたりの投資額は少なくて済みます。

広告募集中