HOME>オススメ情報>不動産を使って長期的な利益を得られるようにしよう

老後に至るまで利益を得られる

駐車場

土地活用による資産形成の魅力は長期的に利益を得られることです。老後の生活を充実させたいと考えていても年金がどれだけ支給されるのかが不安だという人も多いでしょう。土地活用として典型的なのがマンションやアパートなどを建てて不動産経営をすることにより賃料を徴収して利益を得るほうほうです。初期投資をする必要があるものの、ローンを組めるので比較的少額の資産しかなくても始められます。基本的には不動産経営による利益は不労所得に近いものになり、ほとんど労働をしなくても家賃収入を得ることが可能です。老後になって仕事をするのがつらくなってしまったとしても比較的安定して収入を得られます。

長期的な視野で選ぼう

土地活用で資産形成をしようと考えたときには物件を長期的な視野で選ぶことが大切です。購入時に使用するローンは長期にわたるものになり、少なくとも完済するまでは十分に利益を上げられるようにする必要があります。不動産経営をする場合には立地の良さを重視して土地を選び、十年後や二十年後になったとしても賃貸物件の需要がある場所を選ぶのが賢明です。建物を建てるときには耐久性を重視して、老後まで使えるようにしておくとさらに稼ぎやすくなります。

出口戦略も考えておこう

土地活用によって長期的な資産形成をしようと考えたときに考慮しておきたいのが出口戦略です。建物が古くなってきてしまうと入居者が減っていきます。その際に建物を解体して更地にしてしまい、新しい建物を建てて土地活用を続けることも可能です。一方、まだ建物にも価値があるうちに土地ごと売り払ってしまって利益をえることもできます。どちらの方が良いかはケースバイケースなので、最終的にどのような形で資産形成をしたいかを考えておくようにしましょう。

広告募集中